逢魔ヶ時の怪談 #020杯目

数年前に見逃していた作品【怪~ayakashi~】がバンダイチャンネルでネット配信されていると知り、丁度薄暗くなりそうな時間帯に見ていました 。

題名が示す通り、怪談を扱ったアニメ作品なのですが、何というかPOP^^;
オープニングはラップ調の歌、サイケデリックな色彩で彩られた画面。
パット見物凄く派手なのですが、作品自体に流れている陰鬱な雰囲気はちゃんと残っているという不思議な作品。

元々怪談話は好きなので放映当時録画しようとしてたんですが、たまたま裏で旦那が録画したい番組があり、泣く泣く見るのを諦めたんです。

最近、旦那がバンダイチャンネルの有料会員になってくれたおかげで、漸くこの作品を見る事が叶ったわけですが…。
まさか、そこで怪異が起こるとは…。

一つのお話が3話構成になっているこの作品、1話から順に見始めて、最後の化猫の章を見終わり「あ~、面白かった!」と、ウィンドウを閉め、他のHPを見ようとしていた時の事です。











右耳の耳元で「ちり~ん」と、鈴の音一つ…。
これにはびっくりして周りを見回しましたが、鈴なぞ一つも落ちてはおりませなんだ。

時は丁度『逢魔ヶ時』
さすがにこれはまずいかな~?と、部屋中の窓を開け放って家中柏手打って歩きました^^;
(柏手の音は場の浄化になります。本当は鈴の音も浄化作用があるのですけどね?)

徐々に暗くなる頃合に、一人で怪談鑑賞なんてするもんじゃありませんね。

春先は暖かくなってきて、丁度気が緩む時。
心の隙間を狙うかの様な怪異には、皆様くれぐれもご注意ください。

[PR]
by hitoiki_cafe | 2015-03-14 19:15 | 日常

神奈川県相模原市を中心に活動している、『ゆるみニスト・けいこ』です。全く痛みが伴わない、不思議な手技・リラクセンスボディーセラピーで、こり固まったお身体を解放しております。


by けいこ
プロフィールを見る