正しい使い方 #172杯目

昨今、どこのドラッグストアに行っても売っている馬油。
人の皮脂に近く、添加物も少なく、保湿性に優れているという。
ちょっと獣臭いのが難点と言えば難点だけど、少量でも伸びがいいので使い勝手は非常にいい。

でもね?これ使ってて思いません?
あんまり保湿効果が長続きしないなぁ…って。

かく言う私も、今年の夏までそう思ってました。
ええ、思ってたんですけどね?真実を知ってしまったのですよ…。

馬油は保湿剤でなく導入剤として使うってことを!

根本的に使い方が間違ってたんです。

水に濡れた肌に使うってのは正解なんです。
だからお風呂上りに、さっと馬油を塗る。
その後!その後が重要!!
その後に、馬油の上から化粧水をつけるんです!!!
そうすると化粧水の水分と成分が肌に浸透するのを助けてくれるんです。
それが馬油の本来の役目。

その後保湿剤として、ワセリンやニベア等で蓋をすれば完了。

油分でべたつきそうに思うでしょ?
それが、全くべたつかないんだな、これが!

この使い方を知ったお蔭で、何時もなら鼻の頭がガサガサになるこの時期に
全く皮膚がはがれない。
口角も粉を吹かなくなって、助かってます。

乾燥する冬のこの時期、ちゃんと保湿してきれいな肌を保ちましょう!

[PR]
by hitoiki_cafe | 2015-12-18 19:00 | お役立ち

神奈川県相模原市を中心に活動している、『ゆるみニスト・けいこ』です。全く痛みが伴わない、不思議な手技・リラクセンスボディーセラピーで、こり固まったお身体を解放しております。


by けいこ
プロフィールを見る