トラウマ #268杯目

元々あまり好きではなかったんですよ…。
それが完璧にトラウマになったのは昨年の夏。

もうね、この季節、1日中心が休まらない。

そのトラウマの名…それは、蝉!

去年の8月末、徐々に蝉たちの断末魔があちこちで聞こえてくる頃
その悲劇は起きました…。

台所で夕飯の準備をしていたんですよ。
おかずの調理もすべて終え、あとは茶碗によそったご飯を居間に運ぶだけという段になった途端
ヤツが…蝉のやつがっ!
台所内に飛び込んできたんですよ!!

あまりの暑さに台所とベランダを繋げるドアを開けていた私も悪いんですが
素直に部屋から出ていきゃぁいいものを…あろうことかパニック起こして、台所中を飛び回る!
あっちの壁にぶち当たって「ジッ!」こっちの壁にぶち当たって「ジジッ!!」
物凄い速さで飛び回ります。

よそいたてのご飯茶碗に突っ込む勢いで飛び回るので、身体を楯にしてご飯を守る私。
(家の旦那は、残りご飯を食べてくれません)

危うく夕飯が台無しになるところ、騒ぎに気が付いた旦那が居間から飛び出して蝉を追い払ってくれて何とか無事に夕飯を守りきったわけです。

この出来事がきっかけで、虫があまり好きではない私にとって蝉が恐怖の対象となりました。

それから1年、また蝉の季節になりました。
今日も奴らは部屋に飛び込もうと窓やら網戸やらにアタックを仕掛けてきます。

もうね、夏の風物詩の幽霊や、季節関係なく出てくる黒いアイツとかより怖いです…。

[PR]
by hitoiki_cafe | 2016-08-04 10:36 | 日常

神奈川県相模原市を中心に活動している、『ゆるみニスト・けいこ』です。全く痛みが伴わない、不思議な手技・リラクセンスボディーセラピーで、こり固まったお身体を解放しております。


by けいこ
プロフィールを見る